抜かない削らない治療|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

抜かない削らない治療

天然歯の保存に努めたなるべく抜かない・削らない治療

天然歯の保存

山内歯科多治見おとなこども矯正では、生涯をご自身の歯で生活していただけることを目指し、天然歯をなるべく「抜かない・削らない」治療を心がけています。歯科治療において、歯の機能を補う方法はいくつか存在しますが、やはり天然歯に勝る治療法はありません。そのため当院では、必要最小限の切削と非抜歯対策により、天然歯の保存に努めています。

なるべく歯を抜かないために

歯を失う可能性の高い重度の虫歯や歯周病に対し、症状に適した非抜歯対策を実施いたします。全ての症例において絶対に歯を保存できるわけではありませんが、診断・検査を基にできるだけ歯を存続できるよう努めています。

歯科拡大鏡による精密根管治療

歯科拡大鏡

重症化した虫歯は、歯の内部にある神経などの感染物質を取り除き、殺菌する根管治療が必要になります。当院では歯科拡大鏡やラバーダムなどを用いた精密根管治療により、細部の処置精度を高め、再発率や抜歯リスクの軽減に努めています。

根管治療ページ>>

MTAによる神経の保存

MTA

神経を取り除くと歯は脆くなり、将来的な抜歯リスクを高めてしまいます。そのため当院では、歯の内部まで虫歯が進行した際、殺菌効果の高いMTAセメントで神経を保護する覆髄処置を施し、できる限り神経を残すよう努めています。

歯根端切除術の実施

歯根端切除術

歯根先端部の細菌感染によって膿が溜まる根尖病変は、通常の根管治療では改善が難しいため、歯根端切除術という外科処置を施します。歯根部の歯茎を切開して溜まった膿の摘出と感染歯根を切除することで症状を改善し、抜歯を回避します。

エクストルージョン法

エクストルージョン法

歯茎より上に歯質がほとんど残っていない歯は、かぶせ物を装着しても良好な予後が見込めないため、抜歯を検討することとなります。当院ではこのような歯に対し、歯茎に埋まった歯を引っ張り上げることにより、かぶせ物との安定性を向上させ、歯を存続させます。

自牙歯牙移植による咬みあわせの回復

自牙歯牙移植

さまざまな非抜歯対策を講じても保存が難しい場合には、親知らずなどの不要歯を移植して咬み合わせを回復する「自牙歯牙移植」をご提案いたします。ご自身の歯を使用するため、以前の歯と変わらない感覚で生活していただけます。

薬で治す歯周病内科治療

歯周病内科治療

一般的な歯周病治療に加え、高い改善効果が期待できる歯周病内科治療にも対応しております。歯周病の原因菌を特定後、その菌に有効な内服薬やカビ取り歯磨き粉を使用して症状を改善し、歯を抜歯からお守りします。

定期検診・歯周病治療ページ>>

歯周病外科治療

歯周病外科治療

歯周病が進行して歯と歯茎の間に形成される歯周ポケットが深くなった場合には、歯周外科治療を実施いたします。歯茎を切開して歯周ポケット内を目で確認しながら、精度の高い歯石除去と感染歯肉の切除を行い、症状の改善を図ります。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯周病が重症化すると歯を支える骨や周辺組織が破壊され、歯の動揺が激しくなります。さらに症状が悪化すると歯が抜けてしまうため、エムドゲインゲル用いた歯周組織再生療法を施します。歯を支える骨や周辺組織の再生を促し、歯をしっかりと支えられる状態にします。

なるべく歯を削らないために

歯を削る処置が必要になった際には少しでも多く健康な歯質を維持するため、必要最低限の処置で治療を終えられるよう、さまざまな対策や工夫を行なっています。

う蝕検知液の使用

う蝕検知液の使用

歯を削る際には、虫歯感染歯質のみに着色するう蝕検知液で染め出しを行います。着色した虫歯感染歯質のみをきれいに取り除くことで無駄な切削を抑え、健康な歯質を多く残すことができます。

ダイアグノデントでの虫歯チェック

ダイアグノデント

歯をできるだけ削らないためには、早期発見・早期治療が重要となります。当院ではレーザーを照射することにより、表面上は変化のない初期虫歯や細部の虫歯を発見できるダイアグノデントを活用し、虫歯の早期発見・早期治療に努めています。

拡大視野で精密な切削

拡大視野

肉眼の数倍まで視野を拡大できる歯科拡大鏡を用いて、精密な処置を行なっています。健康な歯質と虫歯感染歯質の境目を目でしっかり確認しながら、丁寧な切削を心がけています。細部の虫歯の見落とし防止にも力を発揮し、より精度の高い治療が可能です。

エキスカによる丁寧な切削

エキスカ

虫歯に感染した歯質は軟化するため、全ての処置をドリルで行うと健康な歯質まで削ってしまう可能性があります。そのため当院では、細部の処置にエキスカベーターという手動の器具を使用し、虫歯感染歯質のみを丁寧に切削しています。

MTAを用いた虫歯治療

MTA

虫歯の進行状態によっては、MTAセメントを用いた低侵襲な虫歯治療も可能です。虫歯感染部位に殺菌効果の高いMTAセメントを塗布することにより、虫歯菌を不活性化させます。その結果、必要最小限の切削で症状を改善することができます。

極細ドリルの使用

極細ドリル

虫歯を削るドリルは、治療する場所によってサイズを適切なものに変更しています。細部の切削には、超極細のドリルを使用し、虫歯感染歯質のみを的確に取り除くことによって健康な歯質の保存に努めています。

ダイレクトボンディングによる修復

ダイレクトボンディング

歯を削った際には、ダイレクトボンディングによる修復を心がけています。歯を削った患部に歯科用樹脂を流しこんで歯の形態を整えていくため、一般的なつめ物に比べて、歯の切削範囲を抑えることができます。さらに、型取りの工程がなく、その日のうちに治療が完了します。

虫歯・歯周病予防の習慣化

虫歯・歯周病予防

山内歯科多治見おとなこども矯正では、患者さんの天然歯をできるだけ削ったり、抜いたりしないよう虫歯や歯周病を未然に防ぐ予防に力を入れ、日々診療を行なっています。定期検診や定期クリーニングを習慣にすることで歯やお口の健康維持が実現します。

「神経を取らないと」と診断された場合でも諦めないで下さい!

「神経を取らないといけないかも、しれません!」

虫歯が大きく、歯の神経にばい菌が入ってしまうと、残念ながら、神経を取らないといけません。しかし歯の神経を取ると、殆どの場合20年後に抜歯になります。できるだけ、「神経を残す」事が歯の寿命を延ばすことに一番大切です。

サンプルイメージ

奥歯で噛むと、違和感があり凍みる症状があった為、歯科医院で診察してもらった所、Dr「銀歯の中で虫歯になっています。」

サンプルイメージ

赤丸部の銀歯が錆びてしまっています。
Dr「虫歯が大きいので、神経を取らないといけないかもしれませんね、、、何とか神経を残す方法はないかとインターネットでお調べになり、MTAセメントの治療法を見つけ、多治見市で治療可能な歯医者を探されて、当院へお越し頂きました。

レントゲンを撮影

レントゲンを撮影赤矢印部が虫歯です。黄矢印部が神経ですが、神経の先端が短くなっており、ばい菌が神経の中に入りかけているのが分かります。

銀歯の中はどうなっていたのか

セラミック治療無痛麻酔をして、銀歯を外します。パッと見ると、黒い所が虫歯の様に見えますが本当に怖いのはこちらです。

セラミック治療

黄色くなっている所が「急性虫歯」です。進行が非常に早いので、放置しているとあっという間に大きくなってしまいます。

セラミック治療

硬い歯が、ボソボソになってしまっています。この場合もドリルで削ると、神経にダメージを与えてしまいます。

セラミック治療

時間はかかりますが、丁寧に「歯科用ヤスリ(エキスカベーター)」で虫歯を取り除きます。何よりも神経にダメージを与えないことが大切です。

セラミック治療

虫歯検知液」を使い、神経を守りながら虫歯を取り除きます。

仮性露髄(神経が半分見えている状態)

仮性露髄全ての虫歯を丁寧に取り除きました。赤丸部がピンクスポットと呼ばれる、神経が見えかけている状態です。ドリルを使った治療は短時間で終わりますが、ここまで細かく神経を残すことは難しいです。

サンプルイメージ

薬液で殺菌処置をします。

サンプルイメージ

無菌処置が大切ですので、唾液が侵入しないようにして「MTAセメント」を詰めます。

サンプルイメージ

当日は仮蓋をして、MTAセメントが固まるのを待ちます。

バリア材

バリア材MTAセメントが固まったのちに、型取りをします。

MTAセメントの上に、もう一層バリア材の薬を詰めます。大きな虫歯でない場合は、バリア材のみで大丈夫です。バリア材の薬も何十種類も存在します。

バリア材山内歯科多治見おとなこども矯正で採用している”SDR”というバリア材です。歯にくっつく力が高いため、適合性(合わさり)が非常に良いです。

他のバリア材に比べて、虫歯になりにくい材料として高評価です。

バリア材

バリア材を丁寧に詰めます。

バリア材

なるべく、最小限で健康な歯を削らず、虫歯だけを取り除くのがポイントです。

バリア材

歯のバリを取ります。今回は患者さんの希望で”金歯“を製作します。セラミックと金歯では仕上げ方法が違うので、セラミックではバリを取ってはいけません。

なぜ金歯?

セラミック治療Kさん「もう、虫歯になりたくないんです!」

実は”金歯”は一番虫歯になりにくい材料です。歯科医師が自分に使用している材料の第1位です。おかげさまで、私が中学生時代に院長に治してもらった金歯は26年間全く問題ありません。銀歯の下の虫歯は非常に多いですので、定期検診がとても大事で。。。

セラミック治療とお伝えしようとした所、手前の銀歯の中にも虫歯が見つかりました。両歯共に、虫歯になりにくい金歯で治しました。

セラミック治療こちらは、早期発見ができ幸いでした。虫歯は自然に治る事はありませんので、早めの発見であれば最小限の治療で終わります。

年齢・性別 60歳 女性
治療費 8万5千円(税別)
治療期間 1ヵ月
治療回数 3回
リスク・注意点 疼痛、咬合痛、冷水痛、外科処置を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。

その他の神経を残す治療症例はこちら>>

多治見で天然歯の保存にこだわった低侵襲治療をご希望の方へ

低侵襲治療

山内歯科多治見おとなこども矯正では、患者さんに大切な天然歯を少しでも多く維持していただけるよう、予防の習慣化をはじめ、できるだけ「削らない・抜かない」低侵襲な治療を心がけています。多治見で天然歯の保存にこだわった歯科医院をお探しの方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る