虫歯治療|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

虫歯治療

天然歯にできるだけ手を加えない低侵襲な虫歯治療

低侵襲な虫歯治療

山内歯科多治見おとなこども矯正では、天然歯の保存をモットーにできるだけ「抜かない・削らない」低侵襲な虫歯治療を心がけております。さらに、治療に伴う痛みについてもさまざま緩和対策を行っておりますので、痛みに敏感な方も安心して治療を受けていただけます。

虫歯の進行状態と治療法について

虫歯の進行状態は虫歯を表すカリエス(carious)の頭文字Cと0~4の数字の組み合わせで表記されます。以下では、当院が実施する進行状態に適した治療法についてご説明します。

【C0シーオー】【C1シーワン】初期虫歯

初期虫歯・【C0】虫歯菌の酸によって、歯が溶け始めた「脱灰(だっぱい)」と呼ばれる状態。
・【C1】歯の一番外側のエナメル質が虫歯になっている状態。

C0、C1はどちらも初期虫歯に分類されます。初期虫歯は、基本的には歯を削るなどの処置を行わず、唾液による歯の修復機能「再石灰化」を促してあげることにより、歯を正常な状態へ戻すことができます。

※C1については、見た目が気になる場合や将来的に大きく削る可能性が高い場合などに限り、小さなつめ物で治療することもあります。

フッ素で治癒を促進

フッ素塗布

歯面にフッ素を塗布することによって、歯質が強化されます。さらに、フッ素には虫歯菌の活動を低下させたり、溶け出した歯を修復する再石灰化を促したりする働きがあるため、初期虫歯であれば自然に治癒できる可能性があります。

正しい歯磨き方法の指導

歯磨き指導

虫歯の予防・悪化防止には、毎日の歯磨きが重要です。初期段階の虫歯であれば、正しい歯磨きに加え、フロスや洗口剤などを活用して口腔内を清潔に保つことで歯を削らずに虫歯を治すことも期待できます。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTC

お口の中には、毎日の歯磨きでは取り除くことが出来ない歯石やバイオフィルムという細菌の塊が形成されます。それらはお口の環境を悪化させる要因ですので、PMTCという専門器具を用いた歯のクリーニングを行い、歯面や歯間に付着した汚れを取り除きます。汚れの再付着も抑えられ、効率的な予防が可能です。

ダイアグノデントで虫歯の早期発見

ダイアグノデント

ダイアグノデントは、レーザーを照射することにより、視覚では判断ができないような初期虫歯を発見することができる機器です。見落としがちな細部の虫歯の早期発見・早期治療を心がけ、できる限り歯を削らないよう努めています。

【C2シーツー】象牙質の虫歯

象牙質の虫歯C2は歯の象牙質が虫歯になっている状態です。象牙質は柔らかい組織のため、虫歯の進行が早いという特徴があります。

また、神経の周辺にまで進行すると痛みが強く現れるため、早期の対応が重要となります。歯を削った後の修復では、患者さまのご要望を考慮し、保険適用から自費診療まで幅広い素材や方法をご提案いたします。

切削の際、痛みを伴う可能性が高い場合には麻酔注射を行います。当院では麻酔注射の痛みにも配慮していますので、どうぞご安心ください。

痛みの少ない治療ページへ>>

つめ物・かぶせ物(審美治療)ページへ>>

拡大視野での的確な切削

拡大視野

歯を削る場合には、肉眼の数倍に視野を拡大できる歯科拡大鏡を使用し、健康な歯質と虫歯感染歯質の境目を見極め、精密な処置をいたします。

う蝕検知液の使用

う蝕検知液

う蝕検知液を歯面に塗ることによって、虫歯感染歯質のみを染め出すことができるため、目でしっかりと確認しながら、的確な切削を実施いたします。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

歯を削った後の修復には、できるだけダイレクトボンディングでの修復を心がけています。歯科用の樹脂を直接盛り足して、歯の形態を整えるため、歯の範囲を最小限に抑えることができ、その日の内に治療を終えることが可能です。

MTAで神経の保護

MTA

神経周辺まで進行した虫歯治療では、刺激によって神経が炎症を起こしたり、歯の切削時に神経が露出する場合があります。通常は神経を取り除くことになりますが、殺菌効果の高いMTAセメントで神経を覆うことにより、できる限り保存するよう努めています。

エキスカによる精密な切削

エキスカベーター

虫歯感染歯質は正常な歯に比べて軟らかくなるため、すべての処置をドリルで行うと健康な歯質まで削ってしまう可能性があります。そのため当院では、細部や最終的な処置の際にエキスカベーターと呼ばれる手動の器具を使用し、虫歯に感染した部分のみを丁寧に取り除きます。

たった1回で治療が終わるダイレクトボンディング治療の症例

▼2次虫歯に対して行ったダイレクトボンディング修復の症例をご紹介します。

昔、治したプラスチックの中はどうなっているのか?

ダイレクトボンディング治療症例【プラスチック治療の劣化】

プラスチック治療した歯は定期的にレントゲンを撮らないといけません。

歯と歯の間はトラブルが起こっても、目で検査しても分からないのです。痛みがでてからでは、手遅れになってしまいます!

レントゲンを撮影してみると、、

ダイレクトボンディング治療症例【デンタルレントゲン撮影】

レントゲン撮影をすると、怪しい黒い影が見受けられます。レントゲンで歯が溶けてしまうと、黒く映るのが”虫歯”です。

怖いのは、症状なく大きくなってしまうので、気付かない内に虫歯が大きくなってしまう事です。

実際の虫歯の様子は?

ダイレクトボンディング治療症例

【再虫歯の様子】
実は、ここまで大きな虫歯ができていました。痛みなく進むので、要注意です。まさか、ここまで大きな虫歯の穴ができているとビックリされるでしょう。これが、一度治療した数年後に再発生する”二次虫歯”です。

さらに怖い、二次虫歯

ダイレクトボンディング治療症例

【二次虫歯】赤く染まった部分が、虫歯です。穴のさらに上側が、まだ虫歯になっています。例えるなら「アリの巣」の様に「入り口が狭く、中が大きく」虫歯ができているのです。

全ての虫歯を取り除き

ダイレクトボンディング治療症例

【虫歯を取り除いた状態】なるべく健康な歯を残して、虫歯を取り除きます。この時、ある程度健康な歯が残せれば「ダイレクトボンディング」治療が可能です。

ダイレクトボンディングの良い所

ダイレクトボンディングとは、歯にセラミックの細かい粒子を配合した高強度プラスチックを、直接歯にくっつける治療法です。1回の治療で終える事ができ、歯を削る量を最小限にできることが特徴です。

ダイレクトボンディング治療【ラバーダム防湿】

この時、最も大事な事は「ラバーダム防湿」です。例えば、テープをのり付けする時に水分があったら、くっつくでしょうか?もちろん、うまくくっつかず、すぐに剥がれてしまうでしょう。

もしかしたら、今回の虫歯の原因は前回の治療時に水分が入ってしまい、そこからプラスチックが剥がれてしまった事が原因だったからしれません。

ダイレクトボンディング治療

ダイレクトボンディング治療症例【ダイレクトボンディング】

歯と同じ色に合わせて、高強度プラスチックを詰めます。丁寧に磨くと、セラミックの粒子が輝き、自分の歯と同じようにキレイに仕上がります。

治療した歯は、しっかりとメンテナンスして長持ちさせて行く事が大事です。

年齢・性別 22歳 女性
治療費 3万5千円(税別)
治療期間 1日
治療回数 1回
リスク・注意点 疼痛、咬合痛、冷水痛、外科処置を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。

【C3シースリー】神経に達した虫歯

神経にまで進行した虫歯象牙質を溶かし、歯の中枢にある神経にまで虫歯が達した状態です。神経が炎症を起こすため、何もしない状態でも痛みを強く感じます。

症状を改善するため、根管治療を実施し、最終的に歯にかぶせ物(クラウン)を装着して歯の形態を整えます。神経にまで達した虫歯は、さらに進行すると抜歯リスクも高くなるため、できるだけ早めの治療をおすすめします。

抜歯から歯を守る根管治療の実施

神経にまで虫歯が達してしまった場合には、歯の内部にある虫歯菌に感染した神経や血管をきれいに取り除き、洗浄・殺菌をする根管治療が必要となります。感染物質の取り残しがあると、再発リスクが高くなってしまうため、しっかりと時間をかけて処置をします。

根管治療ページ>>

【C4シーフォー】歯の根だけが残っている歯

歯根のみが残った末期の虫歯度重なる虫歯治療により、歯茎より上に歯質がほとんどなく、歯の根だけが残っている歯です。根管治療で歯の神経を取り除いているため、痛みを感じることはありませんが、歯の内部で虫歯が進行しています。

この状態までくると抜歯リスクは非常に高くなります。歯を残せる見込みがある場合には、もう一度根管治療を行い、症状の改善を図ります。

また、通常の根管治療だけでは保存が難しい場合には、下記2つの方法を併用し、可能な限り抜歯の回避に努めます。

歯根端切除の実施

歯根端切除

歯根部分で細菌が繁殖すると、歯根の先端部分に膿がたまる「根尖病変」になってしまいます。この根尖病変は、通常の根管治療では改善が難しく、抜歯と診断されることも少なくありません。そのため当院では、歯茎を切開し、感染した歯根の切除と膿の摘出をする歯根端切除を実施し、症状の改善を図ります。

エクストルージョン

エクストルージョン

歯茎より上に歯質がほとんど残っていない歯は、かぶせ物を装着しても安定せず、すぐにだめになってしまいます。そのような場合には、エクストルージョンという矯正処置によって、歯茎の下に埋まった歯を上に引っ張り上げ、土台の歯とかぶせ物の安定性を高めることで、長期維持を実現します。

多治見市で歯の保存に努めた低侵襲な虫歯治療をご希望の方へ

虫歯治療

山内歯科多治見おとなこども矯正では、生涯を天然歯で生活していただけるよう、虫歯の進行状況に合った適切な処置を行い、極力歯を抜かない・削らない虫歯治療に努めています。多治見市で低侵襲な虫歯治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る