根管治療|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

根管治療

重度の虫歯には精度にこだわった根管治療を実施します

根管治療重度にまで進行した虫歯は歯の内部にある神経にまで感染が及び、悪化すると抜歯となる可能性も高くなるため、根管治療によって症状の改善を図ります。

根管治療とは、歯の内部にある感染物質を綺麗に取り除き、洗浄、消毒、殺菌後、お薬を詰め根管を封鎖して歯を健康な状態に戻します。根管内は視界が悪く、さらに形状も複雑なため、歯科治療の中でも難易度が高い処置となります。

当院では根管治療に必須とされる精密機器や専門器具などを取り揃え、再発率を抑えた精密根管治療に取り組んでおります。

根管治療の流れについて

重症化した虫歯

重症化した虫歯

歯の内部にある歯髄(神経・血管)が虫歯菌に感染した重度の虫歯に対し、症状を改善するために根管治療を行います。神経が炎症を起こしているため、何もしていなくても痛みを感じます。

根管内の清掃

根管内の清掃

根管内の虫歯感染物質の除去と薬剤が隅々まで行き渡るように根管を拡大していきます。根管は複雑な形状をしているため、ファイル(リーマー)という器具で丁寧に処置を行います。

根管内の殺菌処置

根管内の殺菌処置

感染物質をきれいに取り除いた後、洗浄液で根管内の殺菌をします。根管内部に細菌が残っていると高い確率で再発するため、精度の高い処置が求められます。

根管をセメントで充填

セメント

感染物質を取り除いて空洞になった根管に、殺菌効果の高い歯科用セメントを流し込み充填します。スペースが少しでもあると細菌が繁殖するため、隅々までしっかりと埋めます。

根管を密封

根管を密封

流し込んだセメントが固まることによって、根管を封鎖します。当院が採用しているセメントは膨張しながら固まるため、緊密な封鎖が可能となり、再感染リスクを大幅に軽減できます。

かぶせ物を装着

かぶせ物

根管治療が完了した歯の形態を整えるため、かぶせ物(クラウン)を作製・装着します。再発リスクの抑えるため、かぶせ物の精度にもしっかりこだわっています。

再発率・抜歯リスクの軽減に努めた精密根管治療

山内歯科多治見おとなこども矯正では、重度の虫歯から天然歯をお守りするため、再発率・抜歯リスクの軽減に努めています。当院が実施する精密根管治療についてご紹介いたします。

歯科拡大鏡を用いた精密な処置

歯科拡大鏡

根管は暗くて狭いため、肉眼では内部の状態を正確に確認できず、適切な処置が困難となります。そこで当院では、歯科拡大鏡を用いて治療視野を拡大し、根管内部をしっかりと目で確認しながら取りこぼしのない精密な処置を実施いたします。

歯科用CTによる精密検査

歯科用CT

複雑な形状の根管やレントゲンでは確認ができない病巣を事前に把握するため、歯科用CTによる精密検査を実施いたします。これにより根管の未処置や病巣の見落としを防ぎ、再発率を軽減することができます。

ラバーダムを用いた細菌対策

ラバーダム

根管治療を成功させるためには、根管内に細菌を残さないことが重要です。しかし、お口の中には細菌がたくさん存在するため、治療する歯をラバーダムというゴム製のシートで口腔内から隔離し、根管内に細菌を含む唾液が侵入しないように対策をします。

ニッケルチタンファイルでの徹底清掃

ニッケルチタンファイル

根管内にある細菌感染物質を取り除く際には、ニッケルチタン製のファイルを使用します。ニッケルチタンファイルは柔軟性が高いため、複雑な形状や湾曲した根管にもしっかりと馴染み、隅々までしっかりと処置が行えます。

MTAセメントでの根管充填

MTAセメント

根管内の清掃後は、殺菌効果の高いMTAセメントを使用して根管を埋めていきます。MTAセメントは膨張しながら固まる性質があるため、細菌の繁殖スペースを残すことなく緊密な封鎖が可能です。

精巧なクラウンの作製

クラウン

根管治療後の再発リスクを軽減するためには、歯に装着するかぶせ物(クラウン)の精度も重要になります。当院では、適合性や機能性にこだわり、セラミックなどの経年劣化に強い素材を用いたクラウンの作製をおすすめしております。

つめ物・かぶせ物ページへ

歯根端切除術で抜歯の回避

歯根端切除術

歯根先端部分の細菌感染によって膿が溜まる「根尖病変」は、通常の根管治療では症状の改善が難しく、抜歯と診断されることも少なくありません。しかし、当院では歯肉を切開して膿の摘出と感染歯根を切除する「歯根端切除術」を行い、抜歯の回避を試みます。

エクストルージョン法の実施

エクストルージョン

歯茎より上に歯質がほとんど残って歯は、かぶせ物を装着しても良好な予後が期待できないため、抜歯となる場合があります。そこで当院では、エクストルージョンという矯正処置で歯茎の下にある歯を引っ張り上げ、かぶせ物の長期維持を可能にします。

根管治療の様子を動画で解説

▼根管治療の様子を動画でご確認いただけます。

ラバーダムとニッケルチタンを用いた精密根管治療の症例

▼山内歯科多治見おとなこども矯正で実施した根管治療の症例をご紹介します。

歯の神経を取らないといけない場合

精密根管治療

「何もしないのにズキズキと歯が痛む」歯の神経にばい菌が入ってしまうと、歯の根の消毒治療(根管治療)をしないといけません。そのまま放置しておくと、ばい菌がどんどん神経の奥で増えて、歯の根が腐ってしまいます。

精密根管治療

精密根管治療

右下の奥の銀歯の中で、虫歯ができ、歯の神経にばい菌が入ってしまいました。根管治療、つまり歯の神経を取る治療が必要です。

抜髄治療と感染根管治療について

1度目の根管治療を抜髄(ばつずい)治療。2度目以降の再治療を感染根管治療と呼びます。実はこの根管治療は治癒率が100%ではありません。

精密根管治療

平成26年の歯科治療のデータです。このデータから分かることは、治療したはずの歯の、60%以上が再治療なってしまっているのです。次は、根管治療の治癒率のデータです。

精密根管治療

日本での平均の治癒率は50%〜70%程度との研究結果があります。一番大事なことは初回の根管治療を丁寧に処置し、再発リスクをできるだけ下げることです。

ラバーダムを装着

ラバーダムを装着まずは、治療する歯の根の周りに、ラバーダムと呼ばれるゴムシートの膜を張ります。口の中のばい菌や唾液が、治療する歯の根の中に入らないようにする為です。

ある研究によると、アメリカやヨーロッパでの使用率は60%以上ですが、日本でのラバーダム使用率は10%以下との事です。

ラバーダム

歯と口の中を、完全分離してから銀歯の除去を開始します。

ラバーダム

虫歯を除去すると、感染した神経が見えてきました。

ステンレススチールファイル

ステンレススチールファイル根の消毒をする器具です。歯の根は数ミリの大きさですので、専用の細いヤスリで治療します。

一般的には0.15mm(#15)の大きさを使うことが多いですが、それよりさらに細い0.08mm(#8)の特注品を使います。

ステンレススチールファイル

こちらの器具は、一般的な歯科医院では滅菌消毒をして再使用します。しかし、当院では根管治療の再治療のリスクを減らし、治癒率をできる限り上げる為、一度使用したら破棄します。

ステンレススチールファイル

*ファイルの再使用は一般的な使用方法です。昨今問題になった、歯科医院の器具の使い廻し等の危険行為ではありません。滅菌して使用する為、感染リスクはありません。なぜなら、#8の治療器具はとても細い為、耐久性がありません。滅菌を繰り返すことによる金属疲労を不安視してます。その結果、根管治療後の治癒率に差がでる為、再使用はおこないません。

ステンレススチールファイル

この治療のポイントは、力任せに器具を操作せず、丁寧にゆっくりと器具を操作することがポイントです。

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイル

次に形状記憶タイプのヤスリを使用します。従来のヤスリは、柔軟性がない為、歯の根の奥深くまで治療することが、困難でした。形状記憶合金のニッケルチタンファイルが開発されたことにより、根管治療の治癒率は飛躍的に向上しました。

根管洗浄

根管洗浄

根管洗浄

根管治療が短時間で終わらない理由が、洗浄時間です。根の中に入ってしまったばい菌を次亜塩素酸ナトリウムで殺菌します。次亜塩素酸ナトリウムは強い抗菌作用と有機質溶解作用があります。この時大事なのが殺菌時間です。短時間では効果が不十分です。治療の中でも、特に時間をかけて殺菌します。※ここを短時間で済ませると後々、再治療の原因となります。

高速バブル洗浄装置

高速バブル洗浄装置

超音波と同等程度の、1秒間に6000回も振動する、ポリアミド製の柔らかい洗浄器具を使用します。余分な歯を削ることなく高速バブルで、歯の根の隅々まで次亜塩素酸ナトリウムを行き渡らせ、殺菌効果を高めます。

高速バブル洗浄装置

さらにその後、EDTA(エデト酸)で再洗浄します。現在はアメリカやヨーロッパでは、「次亜塩素酸ナトリウム」と「EDTA」の交互洗浄が世界標準の治療法になっています。

治療後のレントゲン写真

治療後のレントゲン写真

根の先端までしっかりと、白い薬が詰まっていることが確認できます。薬の入り具合で不十分ですと、再治療の可能性が高くなりますので、必ず治療後のレントゲンで確認をします。

我々、歯科医師はレントゲン画像である程度、治療の良否が判断できます。レントゲンで白い薬が根の先まで詰めてあるか否かで、丁寧な治療がしてあるかどうか?信頼がおける先生かどうか?が分かってしまいます。

年齢・性別 40歳 女性
治療費 8万円(税別)
治療期間 1週間
治療回数 1回
リスク・注意点 疼痛、咬合痛、冷水痛、外科処置を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。

精密根管治療が合う人

  • 歯を大事にしたい、再治療を望まない方
  • 時間がかかっても丁寧な治療を望まれる方

精密根管治療が合わない方

  • 時間がかかることに同意頂けない方
  • 今痛い所だけ治して欲しい方
  • 長時間口を開けていることが難しい方

最後に歯科医師として思うこと

どれだけ我々が丁寧に治療しても、神経が無い歯の長期的な予後は心配があります。歯科医師として、できるだけ根管治療は望みません。なぜなら、予防により減らすことができるからです。

不幸にも根管治療になってしまう原因が「虫歯を放置してしまった」「前の治療が適切に行われていない」場合が多いです。正しい予防法が広まることで、歯の悩みが無くなってくれると嬉しいと願っています。

ぜひ、定期検診をすることで大事な歯を守って下さい。

*精密根管治療をご希望の方は受付でお伝え下さい。初診時は充分な治療時間が取れない為、当日は検査のみとなりますのでご了承下さい。

その他の虫歯・根管治療症例はこちら>>

予防・定期検診定のページへ>>

多治見で再発率を抑えた根管治療をご希望の方へ

虫歯治療・根管治療

山内歯科多治見おとなこども矯正では再発率の高い根管治療に対して、精度の高い処置に努め、可能なかぎり天然歯を維持していただけるよう心がけております。多治見市で低侵襲な虫歯治療、抜歯回避の根管治療をご希望の方は、ぜひ一度当院へお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る