矯正歯科(マウスピース矯正)|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

矯正歯科(マウスピース矯正)

このページの目次

見た目だけでなく快適な咀嚼にもこだわった歯並び矯正治療

歯並び矯正治療

山内歯科多治見おとなこども矯正では、口腔内の健康を維持し、天然歯の寿命を延ばしていただけるよう、疾患リスクを高めたり、体の健康にも悪影響を及ぼしたりする歯並びの治療に力を入れています。見た目はもちろんですが、快適な咀嚼ができる適切な咬み合わせまでしっかりとこだわった矯正治療のご提供に努めています。歯並びや咬み合わせが気になる方は、ぜひ当院にて矯正治療をご検討ください。

当院の矯正治療の3つの特徴

歯並び・咬み合わせに精通した医師が担当

歯並び・咬み合わせに精通した医師山内歯科多治見おとなこども矯正の矯正治療は、歯並び・咬み合わせに精通した日本矯正歯科学会の認定医が担当いたします。

患者さんからお聞きしたご要望や口腔内の状況を考慮し、一人ひとりに適した装置、矯正治療をご提案いたします。歯並びや咬み合わせ、矯正治療についてお悩みや不安などがありましたら、お気軽にご相談ください。

一般的な全顎矯正や部分的な歯列改善もお任せ下さい

数本の歯列を整える部分矯正

前歯の隙間や歯の重なりなど、1本~数本の気になる歯並びを整える方法が部分矯正です。全顎的な矯正に比べて動かす歯の数が少ないため、治療期間が短く、費用も比較的安価です。

歯列と咬み合わせを改善する全顎矯正

全体的に歯を動かして、綺麗な歯並び・正常な咬み合わせへと改善する一般的な矯正です。咬み合わせなどを調整しながら、歯を動かしていくため、およそ1~3年と長期的な期間が必要となります。

できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています

矯正治療では、歯が収まるスペースを確保するために歯を抜くことも少なくありません。しかし、健康な歯を抜くことは咀嚼効率の低下などにも影響があるため、出来る限り歯を残したというのが歯科医師としての本心です。そのため当院では、以下の2つの方法によりできる限り歯を抜かない非抜歯矯正に努めています。

遠心移動によるスペースの確保

遠心移動

奥歯を今ある場所からさらに奥へと動かす遠心移動により、重なっている歯が収まるスペースを確保します。通常の矯正装置では、この遠心移動が難しいため、インプラントアンカーやマウスピース型の矯正装置を用いて実施致します。

歯幅を縮小させてスペースを確保

歯幅を縮小

歯のエナメル質を少しずつ削り、歯幅を縮小させてスペースを得るIPR法(ディスキング)を施すことで、歯を抜かずに矯正治療を行える場合があります。エナメル質の切削は、健康被害がない0.2㎜~0.5㎜程の切削で留めますので、ご安心ください。

審美性に配慮した矯正装置

「歯並びが気になるけど、矯正していることを気付かれたくない」「人前に出る事が多いから目立つ装置は恥ずかしい」など、一般的なワイヤーの矯正装置は見た目の問題から、治療に踏み出せない方も多くいらっしゃいます。そんな方々にも、気軽に矯正治療を受けていただけるよう、当院では審美性の高い装置を用いた目立たない矯正をおすすめしています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザライン

米国アライン社が製造するマウスピース型矯正装置「インビザライン」は、これまで100カ国以上の国々でおよそ800万人(2020年1月時点)の方々が矯正治療を受けられています。透明なマウスピースをお口に装着し、定期的に交換しながら少しずつ理想の歯並びへと導いていきます。

インビザラインの特徴

目立ちにくい

目立ちにくい

使用するマウスピースは薄く、透明ですのでお口に装着している時も目立ちにくく、周囲に気づかれることはほとんどありません。

取り外せる

取り外せる

マウスピースはご自身で簡単に取り外すことができます。食事や歯磨きも通常通り快適に行えます。※1日22時間以上の装着時間は守りましょう。

痛み・違和感が少ない

痛み・違和感

弾力のある素材ですので装置による損傷もほとんどなく、少しずつ歯を動かしていくため、矯正治療に伴う痛みや違和感を抑えることができます。

歯の動きを確認できる

歯の動きや改善後の歯並びを3Dシミュレーションで確認できます。そのため、治療完了に向けてモチベーションを高く保つことができます。

金属アレルギーでも大丈夫

金属アレルギー

マウスピースの素材はポリウレタン製で金属を一切使用していませんので、金属アレルギーの方も安心して治療に専念していただけます。

通院回数が少ない

通院回数

インビザラインはおよそ2週間を目安に患者さん自身がマウスピースを交換するため、装置の調整で通院する必要がありません。1.5~3ヵ月に一度の通院でOKです。

部分矯正には「インビザライン・Go」

インビザライン・Go前歯部分(真ん中から左右4番目まで)の歯並びが気になる方には、部分矯正に特化したインビザライン・Goでの改善をご提案いたします。

インビザラインと同様のマウスピースですが、動かす歯の数は少ないので矯正治療に伴う痛みなどもさらに緩和され、短期間・低費用で理想の歯並びを手に入れることができます。

ワイヤー矯正装置

目立ちにくい矯正装置(白いワイヤー・クリアブラケット)

目立ちにくい矯正装置歯の表面に取りつけるブラケットやワイヤーに金属を使用せず、歯の色調に近い白色や透明な素材を用いた矯正装置です。

お口を開けた際にも、金属に比べて装置が目立たないので審美性に優れています。一般的な装置と設計は変わりませんので、高い矯正力があり、幅広い症例に適応可能です。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

種類 ワイヤー矯正 マウスピース矯正
ワイヤー矯正 マウスピース矯正
特徴 ・取り外しができないため、ケアがしづらく虫歯リスクが高くなる
・幅広い症例に適応できる
・精密な歯の移動が可能
・金属アレルギーになる可能性がある
・取り外しができるため、ケアがしやすい
・金属アレルギーの心配がない
・通院回数が少ない
見た目 金属の装置は目立ちやすい 透明な素材なので目立ちにくい
痛み 多少の痛みを伴う ほとんど痛みがない
治療期間 平均1~3年(症例によって変動) 平均1~2年
(簡易症例5ヵ月~1年半)
食事 粘着性の高いものや固い食べ物は控える必要がある。 装置を取り外せるため、治療前と同じように食事が可能です。

矯正治療で改善可能な歯並び・咬み合わせについて

歯並びが悪いと見た目はもちろんですが、歯磨きなどのケアがしづらいなどの理由から虫歯や歯周病リスクを高めてしまいます。また、咬み合わせの不調によって頭痛や肩こり、さらには顎関節症などを引き起こす可能性が高くなりますので注意が必要です。矯正治療では、下記のような歯列を改善することが可能ですので、歯並びや咬み合わせでお悩みの方は歯列矯正をご検討ください。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の歯や上顎が前方に突き出た状態です。前歯の損傷リスクが高い。口が乾きやすいため、唾液の殺菌作用が得られず、虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。

叢生(八重歯など)

叢生(八重歯など)

歯がさまざまな方向に生えて不揃いな状態です。歯が重なり合った部分のケアが難しいため、虫歯や歯周病リスクが高くなります。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

下の歯や下顎が前方に突き出た状態です。前歯の咬み合わせが悪く、奥歯の使用頻度が高くなり、奥歯や顎骨に負担がかかります。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の隙間が大きく開いている状態です。食べ物が挟まりやすいため、疾患リスクが高くなります。また、隙間から空気が抜けるため、発音にも悪影響を及ぼします。

過蓋咬合(咬み合わせ深い)

過蓋咬合(咬み合わせ深い)

上の歯が下の歯に覆いかぶさっている状態です。下の歯が上の歯茎に当たるため、傷つきやすく、咬み合わせが深いことで歯に大きな負担がかかります。

開咬(前歯に隙間ができる)

開咬(前歯に隙間ができる)

上下の歯を咬みあわせた際に、前歯部分に隙間ができる状態です。正常な咀嚼ができないため、胃腸に大きな負担がかかります。お口も乾燥しやすく疾患リスクを高めてしまいます。

大人の矯正治療の流れ

①無料カウンセリング

無料カウンセリング口腔内の簡単なチェックを行い、歯並びについてのお悩みや不安等をお聞きします。

また、矯正治療の開始時期や治療の流れなどについて詳しくご説明します。

②精密検査

精密検査歯並びが悪くなっている原因を調べ、適切な治療計画を立てるため、精密検査を行います。

お口の写真をはじめ、顎から頭部全域までのX線規格写真「セファログラム」などの撮影をします。

③診断・治療計画のご提案

診断・治療計画のご提案精密検査の結果を基に、診査・診断を行い、患者さんのご要望を考慮した治療計画をご提案します。

歯並びのことや治療方針について気になることがあれば、遠慮なくお伝え下さい。

④前処置

検査結果のご説明矯正治療を開始する前の処置として、虫歯治療や歯周病治療を実施し、口腔内環境を整えます。

 

⑤矯正治療開始

治療開始マウスピース矯正の方は製作したマウスピースをお渡します。ワイヤー矯正の方はお口に装置を装着して治療開始です。ワイヤー矯正の方は1ヶ月に1度、マウスピース矯正の方は1.5ヵ月~3ヵ月に1度ご来院していただき、装置やお口の状態、矯正の経過を確認します。

⑥治療完了~保定期間

治療開始計画通りに歯並び・咬み合わせが改善できましたら、矯正治療完了です。

矯正後は後戻りを防止するため、リテーナーという装置を装着していただき、経過観察をしながら歯を保定します。

矯正治療の費用

※費用はすべて税別表記です。

成人矯正(ワイヤー矯正)治療の費用

検査診断料 10,000~40,000円
装置料金
ワイヤー装置
630,000~750,000円
その他調整費
調整料・保定料
3,000~5,000円/月

※患者さんの都合による装置の紛失・破損時に費用がかかる場合があります。

マウスピース矯正(インビザライン)の治療費用

検査診断料 10,000円~40,000円
装置料金
670,000円
その他調整費
調整料・保定料
3,000~5,000円/1回

マウスピース矯正(インビザラインGO)の治療費用

検査診断料 10,000円~40,000円
装置料金
300,000円
その他調整費
調整料・保定料
3,000~5,000円/1回

お支払い方法

お支払い方法

山内歯科多治見おとなこども矯正では、さまざまな方法でお支払いが可能です。お支払いについての詳細はスタッフへお尋ねください。

多治見で目立たない装置で快適な矯正治療をご希望の方へ

快適な矯正治療

山内歯科多治見おとなこども矯正では、患者さんが気軽に歯並びや咬みあわせの改善に取り組んでいただけるよう、目立たない装置を取り揃え、出来る限り歯を抜かない矯正治療を心がけています。多治見で目立たない装置で快適な矯正治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る